大島勝、5アンダーで首位 初出場初優勝へスタートダッシュ

[ 2020年10月23日 05:30 ]

スポニチ主催 内閣総理大臣杯第51回日本社会人ゴルフ選手権 第1日 ( 2020年10月22日    兵庫県 宝塚GC=6728ヤード、パー72 )

初日67の5アンダーで好発進した大島(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 社会人日本一を決める2日間36ホールの熱い戦いが開幕した。初出場の大島勝(38)が6バーディー、1ボギーの67をマークし、5アンダーで首位スタートを切った。13年大会の覇者・豊島豊(43)ら3人が首位に2打差の3アンダー、2位から逆転Vを狙っている。シニアの部は73で回った今大会最多3勝の中土靖(55)が1オーバーで首位を走っている。大会全成績は大会公式サイトにも掲載される。 大会公式サイト

 初出場初優勝へ大島がスタートダッシュを決めた。2番パー4で80ヤードの第2打をSWでピン左1メートルにつけるなどショットが好調。8番パー4では7メートルのバーディーパットを沈めるなどパットもさえた。「みんなと一緒なのが楽しい」。

 関東から岡部チサンの仲間6人と遠征。笑い声が絶えない中でプレーしている。かつてはプロとして下部ツアーを転戦。引退後、11年間はクラブを握らなかったが、アマ復帰後はゴルフを楽しんでいる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月23日のニュース