フィギュア男子ジュニア王者・佐藤 無良氏とタッグ ジャンプ指導「分かりやすい」

[ 2020年10月22日 05:30 ]

アドバイザーの無良さん(左)の指導を受ける佐藤(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子の19年ジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者で今季シニアに転向した佐藤駿(16=フジコーポレーション)が21日、埼玉県内で練習を公開した。

 1カ月ほど前から14年四大陸選手権王者の無良崇人さん(29)をアドバイザー役として迎え、ジャンプ中心に助言を受ける。この日、ルッツなど3種類の4回転ジャンプを披露した佐藤は「一緒に滑って動きながら見せてくれるので分かりやすい」と手応えを口にした。

 11月は東日本選手権(山梨)や自身初のGPシリーズとなるNHK杯(大阪)を控える。シニア初戦の関東選手権は不本意な得点だっただけに、佐藤は「自分の納得のいく演技をすることが大事。まずは自分に勝たないと」と足元を見つめた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月22日のニュース