18年大会覇者の稲森佑貴 ベストスコアで2位浮上「やっぱりメジャーは勝ちたい」

[ 2020年10月18日 05:30 ]

男子ゴルフツアー 日本オープン第3日 ( 2020年10月17日    千葉県 紫CCすみれC=7317ヤード、パー70 )

2番、ティーショットを放つ稲森(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 18年大会覇者の稲森佑貴(26=フリー)とがこの日ベストの68をマークし、8位から2位に浮上。「思ってもみなかった。良くてもイーブンで、まさか潜るとは」。

 18番パー5で普段なら50度を握る122ヤードの3打目を、PWで80センチに寄せてバーディー。気温11度で飛距離が落ちるため、1番手大きなクラブを選択するマネジメントが奏功した。パー4の12番では池に入ったと思われた2打目が水面を跳ねて出てくる幸運も。「やっぱりメジャーは勝ちたい」と逆転での大会2勝目を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月18日のニュース