ナガマツ35分で圧倒 18日決勝フクヒロと対決 永原「満足のいく大会にしたい」

[ 2020年10月18日 05:30 ]

バドミントンデンマーク・オープン第5日 ( 2020年10月17日    オーデンセ )

準決勝でプレーする女子ダブルスの永原(左)、松本組(Scanpix・AP=共同)
Photo By AP

 各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスでは第1シードの福島由紀(27)、広田彩花(26)組(丸杉Bluvic)がデンマークの若手ペアを2―0で下し、決勝に進出した。第2シードの永原和可那(24)、松本麻佑(25)組(北都銀行)もブルガリアペアを2―0で退け、18日の決勝は日本人対決が実現した。

 世界ランキング3位のナガマツも得意の強打で格下をねじ伏せた。第1ゲームの序盤こそ粘られたが、徐々にリズムをつかんで21―17で先取。第2ゲームの最後は7連続得点で21―8と圧倒し、わずか35分で料理した。次戦は世界選手権決勝でも2年連続で死闘を繰り広げているフクヒロとの直接対決。永原が「自分たちがやってきたことをやって、満足のいく大会にしたい」と言うように、ツアー中断期間での成長を見せるチャンスだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月18日のニュース