西岡 格下に苦杯…怒りでラケット破壊、赤土3大会は早期敗退が続く

[ 2020年9月23日 05:30 ]

男子テニス ハンブルク・オープン1回戦 ( 2020年9月22日 )

ハンブルク・オープン1回戦で敗れた西岡(AP)
Photo By AP

 世界50位の西岡は同66位のケプファーにフルセットの末に競り負けた。

 ミスが出ると「何でやねん」と声を荒らげ、最終セットには怒りでラケットを破壊。全米オープンでは1回戦で元世界ランキング1位のA・マリー(英国)に善戦。マッチポイントを握るなど金星に迫り、好調ぶりを印象づけたが、赤土に舞台を移した欧州入り後の3大会は早期敗退が続く。波に乗れないまま全仏を迎える。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月23日のニュース