丸山茂樹がフジサンケイ優勝の星野に世界へ羽ばたくためのアドバイス 星野「とても緊張しましたが…」

[ 2020年9月23日 18:49 ]

丸山茂樹のラジオ番組にゲスト出演した星野陸也(左)
Photo By スポニチ

 ゴルフの東京五輪日本代表ヘッドコーチの丸山茂樹(51=セガサミーホールディングス)が、自身のラジオ番組で、男子国内開幕戦のフジサンケイクラシックでツアー3勝目を挙げた星野陸也(24=フリー)に世界へ羽ばたくためのアドバイスを送った。

 星野は1Wの飛距離が300ヤードを超えるツアーきっての飛ばし屋で、将来は海外ツアー挑戦も見据えている若手のホープ。丸山にとっては日大の後輩にあたり、注目している選手の1人でもある。

 このほど行われた番組の収録では、米ツアーで3勝を挙げている“先輩”の立場から星野に対し、海外選手に交じっても、自分を見失わないようにすることの重要性を説いた。

 また、米ツアーで役立つ情報を得たり、コミュニケーションをとるためにも英語を学んでおく必要があると助言。さらに、新型コロナウイルスによる自粛期間中に、星野がどのように過ごしていたのか、学生時代の反抗エピソードや意外な趣味、フジサンケイ期間中の裏話などを聞き出した。

 収録後、星野は「初めてラジオへの出演機会をいただいて、とても緊張しましたが、丸山さんが会話を進めてくれて、リラックスしていつも通り話せたと思います。丸山さんは大学(日大)の先輩でもありますし、プレーも見て解説してくれているので、一緒に大会の振り返りができて、とても楽しかったです」と感想を語った。

 2人の興味深い話は、TOKYO FMの「英語のアルク presents 丸山茂樹のMOVING SATURDAY」(9月26日、10月3日=午前7時~同25分)で放送される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月23日のニュース