競泳・瀬戸大也、不倫報道謝罪 「不貞行為を働いたことは事実」マネジメント会社がコメント

[ 2020年9月24日 00:43 ]

瀬戸大也
Photo By スポニチ

 競泳男子の瀬戸大也(26)が所属するマネジメント会社が24日未明、デイリー新潮による不倫報道を受けてコメントを発表。「瀬戸が不貞行為を働いたことは事実である事を確認いたしました」とし、謝罪文を掲載した。

 公式ホームページ上に「この度の瀬戸大也に関する報道により、関係者の方々、日頃より応援してくださっている皆さまに多大なご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます」とメッセージを掲載。「瀬戸が不貞行為を働いたことは事実である事を確認いたしました。マネジメント事務所としてもこの事態を重く受け止めております」とし「今後の競技活動、メディア・広告出演等についても関係者の方々とご相談の上、慎重に対処してまいります」などと記した。

 また、瀬戸自身もコメントを発表。

 「自分の軽率な行動により大切な家族を傷つけ、応援してくださっている皆様、関係者の方々、支援頂いている企業の皆さまに大変不快な思いとご迷惑をおかけしてしまいましたことを、深くお詫び申し上げます。自分の行動を猛省し、家族との今後についてはしっかり話し合いたいと思っております。本当に申し訳ございませんでした。 瀬戸大也」と直筆で謝罪した。

 瀬戸は17年5月、飛び込み女子の2011年世界選手権代表で17年に現役引退した優佳夫人(25)と結婚。18年6月に第1子となる長女が誕生し、今年4月に第2子となる次女の誕生を報告していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月23日のニュース