萱 男子総合V2!昨年の世界選手権銅メダル相当のハイスコアも「今日の点数で満足したくない」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

体操 全日本シニア選手権 ( 2020年9月22日    群馬・高崎アリーナ )

<体操全日本シニア選手権>個人総合優勝を果たし笑顔を見せる萱(左)と村上(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子個人総合の萱は、昨年の世界選手権銅メダルに相当する86.998点のハイスコアで連覇を達成した。

 「88点を狙っていたので、今日の点数で満足したくない。まだまだいけると、改めて思った」。今大会で初めて挑んだ跳馬の「ロペス」は減点はあったものの、「気合で立った」と言う。団体、平行棒も制して3冠の23歳が、体操ニッポンで存在感を増している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月23日のニュース