本家決めた!宮地 I難度「ミヤチ」成功、内村抑えて鉄棒優勝

[ 2020年9月23日 05:30 ]

体操 全日本シニア選手権 ( 2020年9月22日    群馬・高崎アリーナ )

<体操全日本シニア選手権>競技を終えた内村(右)と談笑する宮地(左)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 宮地は自身の名が付くI難度「ミヤチ」を完璧に決めるなど、最近3年の世界選手権Vスコアを大きく上回る15.366点で、内村を抑えて鉄棒を制した。

 「6種目全てをやりながら強化し、その中で鉄棒もしっかり磨いていく」。難度を示すDスコアはこの日は6.7点だったが、試技会では7.1点の演技も行っている。「今日の出来では内村選手に勝てる自信はない」と謙遜する25歳が、内村の強力ライバルになる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月23日のニュース