北の富士勝昭氏 NHK相撲解説を“休場” 実況アナが説明「腰の痛みによって残念ながら」

[ 2020年9月17日 16:10 ]

北の富士勝昭氏
Photo By スポニチ

 元横綱で相撲解説者の北の富士勝昭氏(78)が17日、解説出演を予定していたNHK「大相撲秋月場所5日目」を腰痛のため欠席した。

 幕内力士の土俵入り後、実況の三輪洋雄アナが「幕内放送は北の富士勝昭さんの解説予定でしたが、腰の痛みによって残念ながら今日急きょ“休場”となりまして、代わりに舞の海秀平さんに正面席に座ってもらっています」と伝えた。

 ネットでは視聴者から「北の富士さん大丈夫?」「腰痛で休場とは…」「北の富士さん無理せずご自愛ください」「いつも解説楽しみにしています。お大事に」と心配する声があがっていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月17日のニュース