朝乃山、3連敗後は連勝 平幕・阿武咲が唯一の5連勝 貴景勝は4勝目

[ 2020年9月17日 18:05 ]

<秋場所5日目>玉鷲(左)を押し出しで下す朝乃山(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 大相撲秋場所5日目が17日、東京・両国国技館で行われた。横綱・白鵬と横綱・鶴竜の両横綱不在の中、前日初白星の大関・朝乃山は、玉鷲を下して2勝目を挙げた。連勝中の平幕2力士は、阿武咲が碧山を下して唯一の5連勝。翔猿は琴恵光に寄り倒しで敗れ土がついた。

 大関・貴景勝は今場所好調の妙義龍を下して4勝目を挙げた。

 関脇・正代が安定感のある相撲で北勝富士を押し出して4勝目。関脇・大栄翔は先場所優勝の照ノ富士に寄り切られ4敗目。照ノ富士は3勝と白星先行となった。関脇の御嶽海は引っ掛けで照強を下して3勝目。

 遠藤と隠岐の海の小結対決は見ごたえある熱戦に。左四つがっぷりの攻防で、遠藤は左足一本で土俵際耐え、隠岐の海もぎりぎり残したが、最後は遠藤が寄り切って3勝目を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月17日のニュース