【荒磯親方 真眼】朝乃山、地に足ついた相撲で“軽さ”解消を

[ 2020年9月17日 05:30 ]

大相撲秋場所4日目 ( 2020年9月16日    両国国技館 )

勝富士(左)を寄り倒しで下す朝乃山(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 朝乃山はがむしゃらに攻めて初勝利を挙げました。踏み込んだあとの右足は我慢できずに流れており、まだ朝乃山本来の相撲ではありませんが、初日から3連敗していたことを考えれば、リズムをつかむにはいい相撲だったのではないでしょうか。私も経験していますが、初日を出すことは本当に大事です。稽古場の内容と本場所は全くの別物なので、一つ勝つことがいい薬になります。この1勝は明日以降の相撲につながるでしょう。

 注文をつけたいのは、がむしゃらさが出ている分、足と体が流れてしまい、それが軽さにつながっている点です。新大関だった7月場所は地に足がついていたので、下半身の力が上半身に伝わっていました。初日に比べれば立ち合いでも当たれるようになってきているので、地に足がついた相撲が取れれば安定してくるはずです。三役以上の全勝が消えて混戦になってきただけに、朝乃山もここから盛り返していけば十分にチャンスはあるとみています。(元横綱・稀勢の里)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月17日のニュース