小祝さくら “黄金世代一番乗り”賞金2億円突破間近も「桁数…数えるの止めた」

[ 2020年9月17日 15:01 ]

小祝さくら
Photo By スポニチ

 日本女子プロゴルフツアーの第6戦、デサントレディース東海クラシック(賞金総額8000万円、優勝賞金1440万円)は18日から3日間、愛知県美浜町の新南愛知CC美浜C(6456ヤード、パー72)で行われる。

 2週前のゴルフ5レディースで今季ツアー初優勝を果たした小祝さくら(22=ニトリ)の生涯獲得賞金は現在1億9969万5113円。今大会で予選を通過すれば“黄金世代”一番乗りとなる2億円の大台を突破することになる。ただ、当の小祝にそれほどの大金を稼いできたという実感はない。

 「まさか2億円なんて訳ないと思って。(桁数を)数えたんですけど、分かんなくなって止めました」

 今大会を前に日本女子プロゴルフ協会のウェブサイトで自分のシーズンデータなどをチェックしていたところ生涯獲得賞金額の項目も目にしていたが、一の位から億の単位となる9桁にたどり着くまでに断念。そのまま、この件は放念していた。

 過去、限定色だった黄色の大型キャリーケースを購入したものの派手過ぎて使えず、すぐにしまい込んでしまった反省から、何か欲しい物があっても1週間はじっと考える。その上で購入を決めてもその前には必ず母・ひとみさんに相談するという。欲しい物を尋ねられても答えは「?」。あまり物欲のない小祝には生涯獲得賞金額の多寡も黄金世代一番乗りの栄誉も興味の外。「1日1日しっかりとアンダーパーでプレーしたいですね」といつも通りのスタンスで本番に臨む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月17日のニュース