稲見萌寧 予選落ちも全英で収穫!国内復帰戦へ「この1試合で取り返さないと」

[ 2020年9月8日 16:02 ]

 日本女子プロゴルフツアーの今季メジャー第1戦、日本女子プロ選手権(賞金総額2億円、優勝賞金3600万円)は10日から4日間、岡山県笠岡市のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(6640ヤード、パー72)で行われる。

 3週前の今季海外メジャー第1戦、全英女子オープンからの出場となる稲見萌寧(21=都築電気)にとってはこれが国内ツアー復帰戦。全英予選落ちの後、その週の土曜日には帰国し、2週間の自主隔離に入った。この間は自宅で素振りとパッティング練習、ストレッチと筋力トレーニングをして過ごし、それ以外の時間は「お肌のお手入れをしてました」と笑った。

 自身初の海外メジャーは風速20メートルという台風並みの強風の中、通算14オーバー、123位の完敗に終わったが「楽しかったです。やられたくて、ボコボコにされたくて行ったので期待通りでした。経験で大分、変わるかなと思いました。何年も出続けないと。未知の世界過ぎて……。毎年でも出たいです」と充実した表情。得たものは大きかった。

 「3試合、みんなより少なくなっているので、この1試合で取り返すくらいのつもりでいかないと」

 調整不足を気持ちで補う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月8日のニュース