大坂、ジョコ“失格”を反面教師に「自分も気をつけないと…」 

[ 2020年9月8日 05:30 ]

テニス全米オープン第7日 ( 2020年9月6日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

自警団員に射殺された黒人少年「トレイボン・マーティン」さんの名前が入った抗議マスク姿で登場した大坂(AP)
Photo By AP

 男子シングル4回戦で第1シードのノバク・ジョコビッチ(33=セルビア)が線審にボールをぶつけ失格となる異例の事態が起きた。

 大坂が失格したジョコビッチを反面教師にする。「寝ていたので、試合をライブでは見ていない」とした上で「やってはいけないことだと思う。自分も気をつけないといけない」と語った。

 フラストレーションをためてラケットを投げつけるなど、自分を見失うこともあるだけに「何度かやってしまっているけど、ラケットを投げないようにしないといけない」と自らも戒めていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月8日のニュース