優勝の照ノ富士 2度目の殊勲賞&初の技能賞も受賞 三賞選考委員会

[ 2020年8月3日 05:30 ]

大相撲7月場所千秋楽 ( 2020年8月2日    両国国技館 )

三賞の記念撮影で笑顔を見せる(左から)御嶽海、照ノ富士、大栄翔(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 三賞選考委員会が開かれ、優勝の照ノ富士が2度目の殊勲賞と初の技能賞を受賞し、白鵬や朝乃山を破り2桁勝利の御嶽海が6度目の殊勲賞に輝いた。11日目に白鵬の連勝を止めた大栄翔は2度目の殊勲賞で、敢闘賞は2桁勝利の正代が5度目の獲得。元大関の三賞受賞は07年夏場所での敢闘賞の出島以来、7人目となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月3日のニュース