卓球・水谷隼 五輪延期も「I can do it」ユーモアたっぷり老化写真「1年で老けすぎ…」

[ 2020年3月25日 00:37 ]

卓球・水谷隼
Photo By スポニチ

 卓球の水谷隼(30=木下グループ)が24日、自身のツイッターを更新。今夏の東京五輪の延期が確実となったことを受け、「I can do it」(私はできる)とつづった。

 水谷はアプリで老化させたように加工した自身の写真を投稿。延期になっても五輪出場を目指す前向きともとれる発言に、「信じています」「引き続き全力で応援させていただきます」と応援のコメントのほか、「ちと老けすぎ…1年後なんて明日みたいなものです!」「1年でそこまで老けないですよ!笑」「30年後ですか?でも水谷さんならできます!」とユーモアあふれる写真へのツッコミのコメントも寄せられた。

 水谷は2008年北京、12年ロンドン、16年リオの代表に選ばれ、リオでは男子シングルス銅メダル、男子団体銀メダルを獲得。東京五輪では男子団体戦要員の3人目に選出されていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月24日のニュース