延期なら続投? 82歳森会長「私の命もあるので何とも」

[ 2020年3月24日 05:30 ]

史上初の五輪延期決定的

記者会見で厳しい表情を見せる2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長
Photo By 共同

 組織委の会見では海外メディアから、現在82歳の森会長は東京五輪が1、2年延期された場合も続投するかと質問が飛んだ。

 15年に肺がんの手術を受けたことを公表し「遺書 東京五輪への覚悟」と題した著書もある森会長は「極めて失礼な質問だ」と静かな口調で応じつつ「私の命もあるので、何とも言えない」と答えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月24日のニュース