ゴルフ界に衝撃!マスターズの開催延期を決定 リドリー会長「全ての人の健康と幸福のための決定」

[ 2020年3月14日 05:30 ]

 マスターズを開催するオーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)のフレッド・リドリー会長は13日、予定されていた4月9日からの開催を延期すると発表した。4日の時点では開催の意向を示していたが、米国内で新型コロナウイルスの感染が拡大。リドリー会長は「残念ながらコロナウイルスによって増大する脅威により多くの人が失望する決定となったが、ベストであると願います。オーガスタの市民や大会に関わる全ての人の健康と幸福のための決定です」と苦渋の決断への理解を求めた。

 マスターズは1934年から行われている4大メジャーの一つ。毎年4月の第1週にジョージア州で開催され、多くのパトロン(ギャラリー)が訪れることでも知られる。昨年はタイガー・ウッズ(米国)が11年ぶりのメジャー優勝を果たし、復活を印象づけた。

 日本勢では松山英樹と昨季日本ツアー賞金王の今平周吾が出場する予定だった。今後の日程などは未定で、同会長は「安全に開催できることを願っている」とした。12日には米男子ゴルフツアーがプレーヤーズ選手権から4月2日開幕のバレロ・テキサス・オープン(テキサス州)までの4大会の中止を発表したばかり。再びゴルフ界に衝撃が走ることとなった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月14日のニュース