初ホステスの大会が中止に…渋野「私自身もとても楽しみにしていました」

[ 2020年3月14日 05:30 ]

初の「ホステス大会」が中止になった渋野日向子
Photo By スポニチ

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)などは13日、20日からの開催だったTポイント×ENEOS(鹿児島高牧CC)の中止を発表した。国内女子ツアーは開幕戦から3戦連続で中止。JLPGAは新型コロナウイルス感染防止拡大への政府の姿勢を受け、「やむなく開催を中止することにした」と説明した。Tポイントとスポンサー契約を結びホステス大会となるはずだった渋野日向子(21=サントリー)は「私自身もとても楽しみにしていました。また皆さまの前で笑顔と元気を届けられるように、引き続きしっかりと調整を続けたい」とコメントを出した。

 また、米女子プロゴルフ協会も12日、渋野、畑岡らが出場を予定していた今季メジャー初戦、ANAインスピレーション(4月2日開幕、カリフォルニア州)までの3大会を延期すると発表した。国内は27日からのアクサ・レディース(宮崎)以降も開催が不透明。現在、世界ランク12位で、五輪出場を目指す渋野は2月から予定していた5試合が中止と誤算が続いている。

 ▼鈴木愛 国内第3戦の中止、ANAインスピレーションが延期となったことは残念でなりません。事態が収束することを願っております。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月14日のニュース