サンウルブズ5連敗 王者クルセイダーズに前半善戦も地力の差 次節からは無観客に

[ 2020年3月14日 18:57 ]

スーパーラグビー第7節   サンウルブズ14―49クルセイダーズ ( 2020年3月14日    オーストラリア・ブリスベン )

 サンウルブズはリーグ3連覇中のクルセイダーズ(ニュージーランド)と対戦し、14―49で敗れて5敗目(1勝)を喫した。

 サンウルブズは前半を7―14で折り返すなど善戦。ボール保持率は相手を下回ったが、少ないチャンスを生かして前半31分にロックのハインがトライを挙げた。後半も14分のSOエイプリルのトライで食らい付いたが、その後は相手の一方的なペースに。レッドカードとイエローカードでクルセイダーズが13人になった時間帯にも1トライを許し、地力の差を見せつけられた。

 試合は東京・秩父宮ラグビー場で開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で開催地が変更に。チームは当初予定がなかった国外6連戦の4戦目だった。残り2戦もオーストラリアでの試合になるが、すでに無観客で実施されることが決まっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月14日のニュース