揺らぐ東京五輪 聖火リレー中止に ギリシャ国内 コロナ感染の危険性高く

[ 2020年3月14日 05:30 ]

聖火を掲げて走るリレー第2走者の野口みずきさん(AP)
Photo By AP

 東京五輪の聖火リレーが止まった。12日からギリシャ・オリンピアで始まったが、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大する中で、13日に多くの観客が沿道に集まり、危険性が高いと判断された。12日には国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が五輪開催の是非に関して世界保健機関(WHO)の意向に従う方針を示した。世界各国で競技の中止や延期などが続く中、東京五輪・パラリンピック開催がさらに危うさを増してきた。

五輪のシンボルとなる聖なるともしびの行進は、わずか2日で止まった。12日の採火式翌日の13日、ギリシャ国内で各地の名所旧跡を巡る予定だった聖火リレーは、同国南部スパルタまで2区間だけリレーして中止。地元メディアによると、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大する中、聖火ランナーに有名俳優が登場して多くの観客が沿道に集まり、感染の危険性が高いと判断した。保健当局や国際オリンピック委員会(IOC)と協議して決まった。アテネでの引き継ぎ式は19日に無観客で実施され、20日に専用機で日本に到着する予定には現時点で変更はないが、騒動はウイルス拡大に揺れる東京五輪を象徴するようだった。

 12日にはIOCのバッハ会長に注目の発言があった。ドイツの公共放送ARDのインタビュー番組で、五輪開催の是非について「WHOの助言に従う」とした。世界最大のスポーツイベント開催の決定権を握るトップが示した新たな判断基準。7月24日の五輪開会式を見据え「約4カ月ある。五輪を大成功に導くため、この時間を使う」と訴えたものの、中止や延期の可能性も否定しなかった。もはやIOCなどの意向だけで開催を決断することが困難な状況をうかがわせた。

 11日にWHOがウイルスに関し「パンデミック(世界的大流行)」と表明。12日にはトランプ米大統領が「無観客で開催するよりも1年延期する方が良い選択肢だ」と発言した。英国を除く欧州からの入国を一時禁止にする拡大防止策を打ち出すなど緊急対応に乗り出す中、一気に延期論にまで踏み込んだ。

 呼応するかのようにそこからスポーツ界を覆う負の連鎖が加速した。米大リーグ機構(MLB)は最低2週間の開幕延期を発表。北米プロアイスホッケーNHLもプロバスケットボールNBAから1日遅れでシーズンを中断した。さらに自動車F1シリーズ、男女の米ゴルフツアーやプロテニス、サッカーの欧州CLも中止や延期、中断を余儀なくされた。世界中の競技場は扉を閉ざし、平和を象徴するスポーツが地球規模で存在を消した。

 新国立競技場と公式エンブレムの白紙撤回やマラソン開催地の変更など幾多の問題を乗り越えてきた東京五輪。だが、リレーが止まった聖火に象徴されるように今、最大の逆風にさらされている。
 

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月14日のニュース