サンウルブズ・斎藤 テレビ電話取材で「日本に希望を与えられる試合を」

[ 2020年3月14日 05:30 ]

テレビ電話の会見に臨んだサンウルブズの斎藤
Photo By スポニチ

 スーパーラグビー(SR)のサンウルブズが、14日のクルセーダーズ戦(オーストラリア・ブリスベン)を前に日本からのテレビ電話取材に応じ、リザーブ入りしたSH斎藤直人(早大)が「こういう状況でラグビーができることに感謝している。日本の方々に希望を与えられる試合をしたい」と話した。

 新型コロナウイルスの影響で、今回の海外遠征は当初の2試合から6試合に。心身への影響が心配されるが、斎藤は「気持ちが落ちることはない」と強調。3連覇中の王者との対戦へ「数少ないチャンスをいかにつかめるか」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月14日のニュース