「ビオレUV」が日本テニス協会公式日焼け止めに 東京五輪へ土橋強化本部長「大きな武器」

[ 2020年2月21日 12:01 ]

日本テニス協会の会見に出席した(左から)穂積、内藤
Photo By スポニチ

 日本テニス協会は21日、サンケア専門ブランド「ビオレUV」などを展開する花王株式会社とスポンサー契約を結んだ。「ビオレUV」は日本テニス協会の公式日焼け止めとなった。トッププロアスリートはじめ400万人以上いるといわれるテニス愛好家に向け、屋外での紫外線対策の重要性を伝えるため、各種大会やイベントを通じて日やけ対策啓蒙活動を展開していくという。

 都内で行われた会見には、リオ五輪日本代表の穂積絵莉(26=日本住宅ローン)、内藤祐希(19=亀田製菓)の2選手が出席。18年全仏オープン女子ダブルス準優勝の穂積は「とても心強い。ビオレUVと一緒に心身ともに健康で世界にチャレンジしたい」とPRした。

 同協会は東京五輪に向けて暑熱対策を進めており、土橋登志久強化本部長は「選手にとっての大きな武器になる。リスクを回避できるのは心強い。世界に負けない対策をして、五輪でいい結果を出したい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月21日のニュース