松山 アイアン好調 メキシコ選手権で米通算6勝目狙う

[ 2020年2月21日 05:30 ]

練習ラウンドで最終調整する松山
Photo By 共同

 米男子ゴルフツアーのWGCメキシコ選手権は20日(日本時間21日)、メキシコのチャプルテペックGC(7355ヤード、パー71)で開幕する。前週のジェネシス招待で5位に入った松山英樹(27=LEXUS)は「アイアンショットの調子はいい。ティーショットとパットの出来次第で優勝争いはできると思う」と米通算6勝目を狙う。

 4月のメジャー初戦のマスターズに向けて「あと何試合かですけど、それまでには(優勝争いを)したいですね。ガッツリと」と好調キープを宣言した。大会には日本ツアーから今平周吾(27=フリー)、石川遼(28=CASIO)も出場する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月21日のニュース