東京パラリンピック公式記録映画制作、世界各国で上映へ

[ 2019年12月11日 17:00 ]

 国際パラリンピック委員会(IPC)とNHKが、東京五輪パラリンピック組織委員会の協力のもと2020パラリンピック東京大会の公式記録映画を制作することが11日、発表された。

 約100分間の記録映像番組をNHKが大会後の来年内に放映し、その後にIPCが公式映画として制作。日本国内を含む世界各国で非営利で上映される。14年ソチ大会でロシア国内向けの番組がIPC公認として公開されたことはあるが、世界中での公開を前提に制作されるのは初めて。IPCのパーソンズ会長は「将来に向けて好例となる。継続を目指したい」と良き前例となることを期待していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月11日のニュース