張本、女神味方に連覇へ 母・凌さん観戦予定 12日開幕グランドファイナル

[ 2019年12月11日 05:30 ]

グランドファイナルに向けて気合を入れる張本
Photo By スポニチ

 卓球男子で世界ランク5位の張本智和(16=木下グループ)が10日、ワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル(12日開幕、中国・鄭州)に向けて羽田空港から出発した。大会連覇が懸かるが「去年の優勝はたまたま。今年最後の国際大会なので悔いのないように出し切りたい」と自然体で挑む。

 史上最年少優勝を果たした前回に続き、今大会も母・凌さんが“幸運の女神”として現地で観戦予定。凌さんが海外で張本の試合を初観戦した前回大会で金字塔を達成しただけに、心強い味方となりそうだ。「母親が来たときは意外と結果が出ている。1年の中では一番状態はいいので、来年につながるプレーをしたい」と笑顔を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月11日のニュース