×

トゥポウ故障でレメキ先発 福岡はリザーブ入り ラグビー日本代表

[ 2019年9月28日 15:26 ]

ラグビーW杯日本大会1次リーグA組   日本―アイルランド ( 2019年9月28日    静岡・エコパスタジアム )

日本代表のレメキ
Photo By スポニチ

 ラグビー日本代表は28日、午後4時15分キックオフのアイルランド戦の登録メンバーの変更を発表し、11番のウィリアム・トゥポウ(29=コカ・コーラ)に代わってレメキ・ロマノラヴァ(30=ホンダ)が先発し、レメキが入っていた23番に福岡堅樹(27=パナソニック)が入った。

 日本協会によれば、トゥポウは左太腿裏を痛め、プレーが不可能と判断。直前での変更となった。

 ラグビーW杯は規定で登録メンバーをキックオフの48時間前までに発表する必要があり、それ以降の変更はケガや疾病などの場合に限られる。日本代表は4年前のイングランド大会でも初戦の南アフリカ戦の登録メンバーが発表翌日に変更。12番のクレイグ・ウィングに代わって立川理道が先発、リザーブに田村優が入り、34―32で勝利した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年9月28日のニュース