島田高志郎 高難度4回転ルッツ成功「将来的に組み込みたい」

[ 2019年7月15日 17:28 ]

<全日本フィギュアシニア強化合宿>ステファン・ランビエールコーチの指導の下、ジャンプ練習する島田高志郎(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの全日本強化合宿が15日、愛知県豊田市の中京大アイスアリーナで公開された。男子の島田高志郎(17=木下グループ)は高難度の4回転ルッツに成功したことを明かした。「今年の夏に1本、完璧にクリーンに降りた」と話し、「将来的に安定したら組み込みたい」と見通しを語った。

 五輪連覇の羽生結弦(24=ANA)を指導するブリアン・ジスラン・コーチが島田の拠点であるスイスを訪れた際、4回転ルッツに成功。同コーチに「あなたが次に降りれることを知っている」と最後はメンタル面のアドバイスを受け、跳べたという。

 島田は今季について「トリプルアクセルがかなり安定して、プログラムに2本組み込んでいる。4回転トーループ、サルコーの安定も目指して頑張っている」と手応えを口にする。ショートプログラム(SP)曲はオリーバー・トンプセットによる「ステイ」。指導を受けるステファン・ランビエル・コーチの人脈で知り合ったカナダ出身の女性ダンサーが振り付けを担当。フリーは故デニス・テンさんが使用したという「アーティスト」をランビエル・コーチが振り付けしたという。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月15日のニュース