東洋大・坂本、男子800メートル大会新記録でV

[ 2019年4月8日 05:30 ]

MVPに輝いた東洋大・坂本
Photo By スポニチ

 陸上の関東私学六大学対校選手権(スポニチ後援)が7日、埼玉県鴻巣市で行われた。中・長距離5種目の出場選手による順位別得点では東洋大が4連覇。最優秀選手は男子800メートルを1分51秒88の大会新記録で制した坂本陸(東洋大2年)となった。

 坂本が800メートルで大会記録を6年ぶりに0秒16更新し、MVPに輝いた。自己ベストが1分49秒02の実力者は「素直にうれしいです」と表情をほころばせた。中学ではサッカー部だったが、越谷西高に入学してから陸上に転向。3年時に全国高校総体で6位に入賞し、東洋大への進学を決めた。今年の箱根駅伝でも優勝した長距離の名門にあって「自分は中距離一本。800メートルで勝って東洋大に貢献したいです」と意気込んでいた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月8日のニュース