バスケ日本代表 W杯アジア2次予選へ八村弟ら予備登録

[ 2019年2月12日 05:30 ]

 日本バスケットボール協会はW杯アジア2次予選イラン戦(21日、テヘラン)、カタール戦(24日、ドーハ)に臨む男子日本代表の予備登録メンバー24人を発表した。

 3大会ぶりの本大会出場を懸けた予選のラスト2試合。富樫、ファジーカスらの常連組に加え、米ゴンザガ大で活躍する八村塁の弟・阿蓮も選出された。NBAグリズリーズでプレーする渡辺も名を連ねたが、招集は厳しい状況。正式メンバー12人は各試合の前日に発表される。チームは12日から国内合宿を開始。15日に事前合宿地トルコに移動して調整を行う予定だ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月12日のニュース