アイホケ アジアL離脱?日本3チームで来季リーグ戦も

[ 2019年2月12日 05:30 ]

 アイスホッケーのアジア・リーグに参加している日本の3チームが来季以降、国内のチームのみによるリーグ戦実施を検討していることが11日、関係者への取材で分かった。アジア・リーグには韓国、ロシアのチームが参加しており、今後リーグの在り方について各チームと協議を進める。

 各国の上位チームがアジア王座を争う案もあるという。アジア・リーグ事務局は「決まっている事実はない」としている。3チームは王子、フリーブレイズ、アイスバックス。今季参加している日本製紙は既に廃部が決定し、受け入れ先を模索している。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月12日のニュース