オーサー・コーチ語る 羽生は右足首回復「世界選手権へ照準」

[ 2019年2月12日 05:30 ]

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(24=ANA)を指導するブライアン・オーサー・コーチが米アナハイムで10日までに取材に応じ、右足首故障からの復帰を目指す日本のエースについて「世界選手権へ照準を合わせて準備している」と語った。

 羽生は昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルと全日本選手権を欠場。オーサー・コーチは羽生が4回転ジャンプを跳んでいるかなど練習の詳細については「トップシークレットだ」とした上で、右足首の状況については「理学療法で回復している」と説明した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月12日のニュース