紀平 エキシビションで日本語の紹介、特別“おもてなし”に笑顔

[ 2019年2月12日 05:30 ]

フィギアスケート 四大陸選手権最終日 ( 2019年2月10日    米カリフォルニア州アナハイム )

風格さえ漂わせた紀平梨花(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 女子優勝の紀平がエキシビションで特別な“おもてなし”を受けた。

 米国選手のショーン・ラビットに「次の選手は、チャンピオン、キヒラリカさんです」と日本語で紹介され、場内が盛り上がった。エレクトロ音楽「フェイデッド」のメロディーに乗り、3度のジャンプを全て着氷させた。「左手薬指の亜脱臼」の故障を乗り越えてのV。大きなインパクトを残した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月12日のニュース