苦労人大野、女子70キロ級金「凄く勝ちにこだわった」

[ 2019年2月12日 05:30 ]

柔道 グランドスラムパリ大会最終日 ( 2019年2月10日    フランス・パリ )

女子70キロ級で優勝した大野陽子
Photo By 共同

 女子70キロ級は29歳の苦労人・大野が踏みとどまった。同階級は新井千鶴(三井住友海上)が3連覇の懸かる今年の世界選手権代表に既に決定。

 出場権を勝ち取るには、他階級も含めて数少ない「2枠目」に食い込むしかない。厳しい状況で執念を示し「凄く勝ちにこだわって、金メダルを獲れた」と声を震わせた。日本女子の増地監督は「内容より結果が求められる大会で、意地を見せた。2枠目を凄く意識した試合内容だった」と、うなった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月12日のニュース