池江璃花子 白血病であることを公表「私自身、未だに信じられず」 当面休養、治療に専念

[ 2019年2月12日 14:11 ]

池江璃花子
Photo By スポニチ

 競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)が12日、検査を受け白血病の診断を受けたことを自身のツイッターで明かした。

 オーストラリアで合宿中だった池江は体調不良のため、予定を早めて帰国し検査を受けた。「私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療すれば完治する病気でもあります」と説明。

 今後の予定については「日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います」とした。

 池江は1月18日から合宿に入り、当初は2月10日に日本へ戻る予定だった。昨年12月には米フラッグスタッフで高地合宿を実施。オーストラリア出発前には「米国から帰ってきて調子が上がらない。体の重さを感じる」と語っていた。

 以下、池江が発表したコメント全文。

 応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

 日頃から応援、ご声援を頂きありがとうございます。

 この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療すれば完治する病気でもあります。

 今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけるとうれしいです。

池江璃花子

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月12日のニュース