白鵬、引退の盟友沙保里さんに「アドバイスもらいたい」

[ 2019年1月10日 05:30 ]

時津風部屋に出稽古し、正代を厳しく攻める白鵬(右)
Photo By スポニチ

 横綱・白鵬が、親交のある吉田さんの引退について「本当に悔いが残っていなければいい。寂しいけど。(8日に)ツイッターで知り、びっくりした」と話した。

 2人は第一人者同士として敬意を払い合う間柄。20年東京五輪まで現役続行を誓う白鵬は、一足早く現役を退いた盟友に「私がいろいろと相談に乗ったり、アドバイスをもらったりしたい」と変わらぬ友情を強調し、さらに「相撲を世界に伝えてくれたら」と“相撲親善大使”としても期待していた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月10日のニュース