ウルフ 世界柔道連覇、東京五輪へ決意新た「一日一日大切に」

[ 2018年7月20日 05:30 ]

了徳寺大学で柔道の世界選手権、アジア大会の壮行会に臨んだ(左から)アジア大会代表の角田、志々目徹、世界選手権代表の志々目愛、ウルフ
Photo By スポニチ

 柔道男子100キロ級のウルフ・アロンら了徳寺学園所属の4選手が、千葉県浦安市の了徳寺大学で行われた世界選手権およびアジア大会の壮行会に出席した。

 18日に20年東京五輪の競技日程が決定したことを受け、ウルフは「モチベーションはかなり上がってきた。もう2年前になるので、一日一日を大切にしたい」と決意も新た。2連覇の懸かる世界選手権(9月、バクー)に向けては酷暑の中で調整を強いられているが「減量しているので逆にプラス」とポジティブ。睡眠の質を保つためにエアコンをつけて寝るなど、万全の対策で夏を乗り切る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年7月20日のニュース