高梨沙羅、今年の漢字は「広」 ばっちりメークも評判「オンオフ学んだ」

[ 2016年12月13日 13:13 ]

高梨沙羅
Photo By スポニチ

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(20=クラレ)が13日、W杯序盤の遠征を終えて成田空港に帰国した。

 4戦3勝と快調なスタートを切り、W杯通算勝利数は“鳥人”と呼ばれた男子のニッカネン(フィンランド)を抜く47勝に到達した。今年を表す漢字を聞かれると「広」を挙げ、「1つのことに集中するのは大事だが、広い目をもって物事をとらえられないと余裕を持てない」と答えた。

 最近はばっちりメーク顔も評判になっているが「大学に行くことでオンオフの切り替えも学んだし、いろんなことに興味を持つことでジャンプの結果につながってくることが多かった」と広い視野を持つことが競技にもプラスに働いているようだ。

 今後は17日に北海道・名寄で行われる国内大会に出場予定。その後も国内で調整を続けながら、年明けのW杯に備える。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月13日のニュース