松山 メジャー初制覇へ肉体改造!年末年始も「体づくり」

[ 2016年12月13日 05:30 ]

<「スリクソンNEW Z-STAR」シリーズ新発売会見>「Z-STAR」を手に笑顔で話す松山英樹
Photo By スポニチ

 松山がマスターズ制覇に向けてバージョンアップする。男子ゴルフの松山英樹(24=LEXUS)が12日、都内で行われたダンロップスポーツの新ボール発表会見に出席し来年のマスターズ(4月6日開幕、米ジョージア州オーガスタ)でメジャー初制覇を狙うためのプランを明かした。10月半ば以降5戦4勝と絶好調ながら現状に甘んじるつもりはない。

 松山は現状に満足していない。10月の日本オープンを皮切りに2週前のヒーロー・ワールドチャレンジまで日米で5戦4勝。メジャー制覇の期待が高まっているが「成績だけ見れば絶好調だと思うけど自分としては絶好調ではない。“今月マスターズがあれば勝てる”と思われがちだけど多分勝てない」と否定した。

 そして今後も進化を求めていく。まずは肉体改造。年末年始の予定を聞かれ「来年に向けた体づくりをしたい」と話した。シーズン中からトレーニングは続けているが、さらなる強化を目指す。

 クラブに関しても変化を恐れない。現在1Wはキャロウェイのものを使用しているが「(ダンロップに)作ってもらっているし来年の頭から戻すかもしれない。打ってから判断する」と新モデルをテストする予定だ。

 スケジュールの見直しも示唆した。今年はメジャーにピークを合わせるため出場試合数を絞りメジャーの前週は調整期間に充てた。しかし松山は「(日程を)変えるかもしれないしそのままかもしれない。体調次第で変わると思う」と話した。

 この日発表された新ボール「ZスターXV」は来年2月10日発売予定だが、松山は今年2月から投入済み。最初の練習ラウンドでホールインワンを記録。最初の試合フェニックス・オープンで優勝。オーガスタでも使用して「今年はグリーンが硬くて速かったけどビビらずにピンをデッドに狙えた」と好感触を得ている。

 17年はトーナメント・オブ・チャンピオンズ(1月5日開幕、ハワイ州)から参戦する。目標は「メジャーで勝ちたい」と明確。「マスターズに勝ちたい。自分の課題を克服したらメジャーで勝てる。あと3カ月半で良い準備ができたら良いと思う」と自信をにじませた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月13日のニュース