13歳世界Vの張本が帰国 祝福にびっくり「凄いことをした」実感

[ 2016年12月13日 05:30 ]

卓球世界ジュニア選手権の男子シングルスで最年少優勝を果たした張本智和選手
Photo By 共同

 卓球の世界ジュニア選手権(南アフリカ)で男子シングルスと団体を制した13歳の張本智和(エリートアカデミー)が12日、羽田着の航空機で帰国した。

 大勢の出迎えを受け「改めて凄いことをしたんだと思った」と語った。その後のグランドファイナルでは21歳以下の部に出場し、1回戦で敗退。今月下旬には来年の世界選手権(ドイツ)の代表選考会に臨むだけに「シニアの枠をつかみたい」と意気込んだ。世界ジュニアで女子団体優勝に貢献した平野美宇(エリートアカデミー)は「五輪での金メダルに向けて一歩を踏み出せた」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月13日のニュース