「違反者は強制的に五輪除外すべき」世界オリンピアンズ協会

[ 2016年12月13日 09:54 ]

 五輪出場経験者の世界組織、世界オリンピアンズ協会(WOA)は12日、ロシアの国家ぐるみのドーピング問題で世界反ドーピング機関(WADA)の調査チーム責任者、マクラーレン氏による最終報告書を受け、違反者は次回の五輪から強制的に除外するべきだとの声明を発表した。組織的な違反には永久追放も含めて厳しい処分を要求した。

 WOAは2012年ロンドン五輪と14年ソチ冬季五輪でロシア全選手の再検査を要請した国際オリンピック委員会(IOC)の対応を支持。規律委員会と調査委員会で適切な処分が検討されることに期待を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月13日のニュース