幕内力士が熊本を慰問 白鵬「一人一人と触れ合うことができた」

[ 2016年12月13日 05:30 ]

熊本地震被災地慰問

慰問先でサインに応じる横綱白鵬関
Photo By 共同

 正代とともに宇土市民体育館を訪れた横綱・白鵬は「一人一人と触れ合うことができた。来て良かった。来年も頑張りたい」と話した。

 力士たちは10人前後のグループに分かれ、熊本市、益城町、南阿蘇村の商店街や小学校なども訪問。日本相撲協会と力士会は、これまでも熊本県に義援金の寄付などをしており九州場所では被災者を招待している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月13日のニュース