リオパラ銅・池崎&今井、確定申告をPR

[ 2016年12月13日 11:43 ]

 リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすラグビーで銅メダルを獲得した池崎大輔選手(38)と今井友明選手(33)が13日、東京都渋谷区で2016年分の所得税の確定申告をPRするイベントに参加した。申告は来年2月に始まるが、今回からマイナンバーの記載が義務付けられる。

 池崎選手は国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を体験して「パソコンは苦手だが、すぐにできた。これならトレーニングで忙しくても時間を有効に使えますね」と話していた。

 作成した書類はICチップの付いたマイナンバーの「個人番号カード」と、カード読み取り用の機器があれば自宅から申告できる。今井選手は「税務署は混んでいるイメージがあるので便利だと思いました」と話した。

 イベントは渋谷区立臨川小学校で開催。これに先立ち、校内で両選手が競技用車いすに乗ってプレー時の動きを披露。2人の車いすが激しくぶつかり合う迫力に児童らから歓声が上がっていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月13日のニュース