PR:

キャブス開幕6連勝 ジェームズ、2万6970得点で歴代10位に浮上

通算得点で歴代10位に浮上したキャバリアーズのジェームズ(手前)=AP

 NBAは5日に各地で8試合を行い、キャバリアーズのレブロン・ジェームズ(31歳)が敵地フィラデルフィア(ペンシルベニア州)で行われた76ers戦で25得点をマーク。NBA14シーズンで積み上げてきた通算得点は2万6970となり、アキーム・オラジュワン(元ロケッツ=2万6946)を抜いて歴代10位に浮上した。9位のエルビン・ヘイズ(元ブレッツほか)まであと343、8位のモーゼス・マローン(元76ersほか)まであと439と迫っており、年内にもこの2人の記録を更新する可能性が高まった。

 なお試合は大苦戦。キャバリアーズは第4Qの残り1分5秒にチャニング・フライ(33歳)が3点シュートを決めて逆転し、102―101(前半59―46)で勝ってかろうじて開幕連勝を「6」に伸ばした。

 昨季に開幕18連敗を喫している76ersは5戦全敗。先発センターのジョエル・エンビード(22歳)が22得点、サンダーから移籍してきたフォワードのアーサン・イリヤソーバ(29歳)が21得点を稼いだものの敗れた。

 ホークスは地元アトランタ(ジョージア州)でロケッツに112―97(前半65―59)で勝って4勝2敗。昨季までロケッツに在籍していたセンターのドワイト・ハワード(30歳)が古巣相手に20得点と14リバウンドをマークし、ガードのデニス・シュレーダー(23歳)は17得点、12アシストを稼いだ。

 ロケッツは3勝2敗。ジェームズ・ハーデン(27歳)は30得点、12アシストを記録したものの勝利には結びつかなかった。

 クリッパーズは敵地サンアントニオ(テキサス州)でスパーズに116―92(前半73―55)で快勝。ブレイク・グリフィン(27歳)が29分の出場で今季自己最多の28得点をマークしてチームは5勝1敗となった。

 スパーズはここ3戦で2敗目を喫して5勝2敗。カワイ・レナード(25歳)は放ったフィールドゴール13本のうち10本を失敗して14得点に終わった。

 3日のウォリアーズ戦で26点差で敗れたサンダーは地元オクラホマシティー(オクラホマ州)でティンバーウルブスを112―92(前半59―53)で退けて5勝1敗。ラッセル・ウエストブルック(27歳)は28得点、6リバウンド、8アシスト、3スティールをマークした。

 開幕前の評判は良かったティンバーウルブスは1勝4敗。昨季の新人王、カールアンソニー・タウンズ(20歳)は33得点を挙げたものの、クリス・ダン(22歳)とザック・ラビーン(21歳)の先発ガード陣は計11得点。チームの3点シュートは19本中4本しか決まらず、最後までリズムを作れなかった。

 <その他の結果>

マジック(3勝3敗)88―86ウィザーズ(1勝4敗)、ピストンズ(4勝2敗)103―86ナゲッツ(2勝3敗)、ペイサーズ(3勝3敗)111―94ブルズ(3勝3敗)、バックス(4勝2敗)117―91キングス(2勝5敗)

[ 2016年11月6日 14:25 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月25日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画