活動自粛から復帰、NTT東日本が白星 バドS/Jリーグ

[ 2016年11月6日 18:03 ]

 バドミントンのS/Jリーグは6日、札幌市の北海きたえーるで行われ、女子で昨年2位の再春館製薬所が3―0で岐阜トリッキーパンダースを下し、初戦を白星で飾った。リオデジャネイロ五輪女子シングルス8強でリーグ初出場の山口茜は山本紗椰にストレート勝ちした。

 2連覇を狙う日本ユニシスは高橋礼華、松友美佐紀組が快勝したものの、北都銀行に1―2で敗れ、黒星発進となった。

 部員の違法カジノ問題による半年間の活動自粛から復帰した男子のNTT東日本は、今季昇格した三菱自動車京都を3―0で下した。昨年優勝の日本ユニシスはJR北海道を3―0で退けた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年11月6日のニュース