上野由岐子投手 史上初2000K! 200勝に続く偉業達成

[ 2016年11月6日 05:30 ]

日本女子ソフトボールリーグ ( 2016年11月5日 )

 6試合が行われた。ビックカメラ高崎の上野由岐子(34)はトヨタ自動車戦でリーグ史上初の2000奪三振を達成し、8勝目をマーク。太陽誘電は日立を下して決勝トーナメント進出を決めた。また、デンソーのジャクリン・トレイナ投手(25)が戸田中央総合病院戦で無安打無得点を達成した。

 ビックカメラ高崎は、エース上野に新たな勲章が加わった。3回に2番・古沢から空振りを奪いリーグ戦通算2000奪三振。9月にマークした200勝に続く偉業達成だ。「16年間投げ続けたからこその記録。自分の体に感謝したい」。序盤のピンチを乗り切り完封で通算205勝目を手にした上野は安どの表情を見せた。「いかに賢くアウトを取るか。理想は1球で1つのアウトを取ること」。かつては速球で三振の山を築いていた上野が、年齢を重ねて新たなスタイルに進化した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年11月6日のニュース