×

松山 国内ツアーメンバー再登録も「特例でないのであれば」

[ 2016年7月2日 05:30 ]

 松山が日本ツアーメンバーに再登録する可能性を示唆した。

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は6月27日に定例理事会を行い、賞金王の年間出場義務試合数をこれまでの5試合から撤廃する規定の見直しを行った。当初、松山は自身だけに適用される特例と捉え困惑したが、青木会長は29日に「特例のつもりはない」と表明。さらに、JGTOから松山に経緯説明の文書を送る予定で、松山は「(文書は)まだ届いていないけど、届くみたい。いま、(石川)遼と(岩田)寛さんが一緒に米国でやっている。2人に適用されなければおかしな話になる。特例でないのであればメンバーに再登録しようかと思う」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2016年7月2日のニュース