朴相賢が首位、4位に宮本ら ISPSハンダグローバル杯第1日

[ 2016年6月23日 20:14 ]

ISPSハンダグローバル杯第1日、11番でティーショットを放つ宮本勝昌。5アンダーで4位

 男子ゴルフのISPSハンダグローバル杯第1日は23日、石川県朱鷺の台CC(6834ヤード、パー71)で行われ、朴相賢(韓国)がボギーなしの1イーグル、6バーディーの63で回って単独首位に立った。ピヤ・スワンガルンポーン(タイ)が1打差の2位。エミリアノ・グリジョ(アルゼンチン)が3位につけた。

 首位と3打差の4位には、16番でアルバトロスを奪った宮本勝昌や塚田陽亮、池田勇太、藤田寛之、沖野克文ら10人が続いた。昨年のこの大会を制した武藤俊憲は119位と出遅れた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年6月23日のニュース