帝京大FB松田が初先発 日本代表、25日スコットランド戦

[ 2016年6月23日 19:59 ]

 ラグビー日本代表は23日、スコットランド代表とのテストマッチ第2戦(25日・味の素スタジアム)の登録メンバーを発表し、帝京大4年の松田力也がFBに入り、代表3キャップ目で初の先発に選ばれた。松田は「気負いすぎず、いつもと変わらない気持ちで臨むことが大事」と平常心を強調した。

 13―26で敗れた18日の第1戦から、先発は13人が同じメンバーとなった。この日は東京都内で約3時間、小雨の中で練習。ラインアウトや相手攻撃に対する防御ラインの整備など戦術的な確認に時間を費やした。

 故障で代表に選ばれていない昨年のワールドカップ(W杯)主将のリーチ・マイケル(東芝)も姿を見せ、練習前の円陣に参加した。CTB立川理道(クボタ)は「リーチさんも出たいと思う。その思いを受けて戦いたい」と気合十分だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年6月23日のニュース